No.1836 ・ブレゲのCal.搭載のリンドバーグ。

2012年09月02日

 今日は不安定な天気ですねぇ・・・。

 暑さは和らぎ過ごしやすくなりましたが~急な雨と雷が鳴っています。
(釣りしたかったのに・・・。)

 昨日は友達数家族と友人宅で飲み会でしたので・・午前中はマッタリ過ごしました。
(急に雨降ってくるし・・・。)

 さて、今日の写真は『ロンジン リンドバーグ』です。

 入荷からチョット時間は経っていますが~BOX、ギャランティーが届いていませんでした。
(一昨日、届きました。)

 写真では~『ブレゲ』のムーブメントと一緒に写していますが・・・。

 この『リンドバーグ』に搭載されているムーブメントは『Cal.L989.2』。

 このムーブメントは~ゼンマイのトルクを安定させる機構のあるツインバレルになっています。
(二重香箱でゼンマイが二つ。)

 75年に設計されたムーブメントのようで~『ブレゲ』のキャリバーNo.だと『Cal.591』になります。

 もともとは・・『ロンジン』が設計したムーブメントだと聞いています。

 巻き上げは一方向巻き上げ、部品総数163個、パワーリザーブは38時間となっています。
(ゼンマイ二つでも普通の駆動時間。)

 『ETA』搭載の『リンドバーグ』ではなく~『ブレゲ』のムーブを搭載し、仕上がりもキレイなムーブメントはお買い得!。

 『ブレゲ』との違いは・・ローターの素材とブリッジ等の面取りに差があり・・『Cal.L989.2』の方には面取り仕上げが施されていません。
(この価格帯では充分な仕上げです。)

 コード・ド・ジュネーブ仕上げは、ほぼ同等に入っていますし、ローターのペルラージュ装飾がキレイです。

 あまり注目を集めるモデルではありませんが・・隠れた名品と言えるモデルです。

 ご興味ある方は、お早めにお問い合わせ下さい。

関連する人気記事

Copyright(C) 2017 doppel All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE